相違点 | キャバドレスで接客する昼キャバやガールズバーを利用しよう!

相違点

夜キャバと昼キャバの違いとは、いったいどのような違いが見受けられるのでしょうか。
その違いの一つとして、先ほどのページでは「客層」の違いをご紹介させていただいたことと思います。しかしそれには、他にもたくさんの違いが見受けられるのだそうですよ。

そういった違いの一つとして、「働く女性」にも違いが見受けられます。
夜キャバの場合には、20代前半といった比較的若い年齢層の女性が多く見受けられるものではありますが、昼キャバの場合は、比較的年齢層が高めとなっております。とは言っても、「熟女ばかり」という訳ではなく、20代でも既婚している女性であったり、シングルマザーといった女性が多く見受けられるのではないでしょうか。
昼間にしか働くことのできない、夜間学校に通う学生も見受けられます。

また、「値段」にも違いが見受けられます。
夜キャバの平均価格に比べ、昼キャバの平均価格というのは、セット料金にして2000円程度安めとなっているのだそうですよ。

他にも、「必ずしもお酒を飲まなくてもよい」といったこともあげられます。
もちろん夜でもソフトドリンクは飲むことはできますが、雰囲気的に飲みづらい雰囲気でもありますよね?しかし昼キャバに関しては、気にすることなく当たり前のようにソフトドリンクを飲むことができるのだそうですよ。ソフトドリンクだけ飲む人は、大勢見受けられるのだそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加